フードドライヤーの様々な活用法 | ウミダスジャパン
食品乾燥機専門販売 ★ベストバイ★ コストパフォーマンスNO.1 ウミダスジャパン フードドライヤー FD880E

フードドライヤーの様々な活用法

  • HOME »
  • フードドライヤーの様々な活用法
Pocket
LINEで送る

フードドライヤー(食品乾燥機)の専門店であるウミダスジャパンでは、製品の通販はもちろん、乾燥させた食品の活用レシピを数多くご紹介しております。また、下記のように少し変わった活用法もありますので、ご購入後に是非試してみませんか?

○寿命の短い花の魅力を長く楽しむ

綺麗な生花の欠点は、すぐに枯れてしまうというところにあります。その儚さこそが生花ならではの魅力ですが、やはり、寿命が短いからといってすぐに捨ててしまうのは勿体なく感じてしまいます。
贈り物でいただいた花束をいつまでも眺めていたい・・・・そんな時は是非フードドライヤーを使い、ドライフラワーに変身させてみてはいかがでしょうか?フードドライヤーであれば、自然乾燥よりも早くキレイに作ることができます。

水やりの手間もなく美しい状態を長く楽しめますし、インテリアとして飾るととってもお洒落になります。
また、乾燥させた花に好みのアロマオイルを混ぜ合わせて小袋(布袋)に入れることで、入浴剤として使ったり、香りで衣類を守るサシェとしてもご活用いただけます。生花とはひと味違った演出をお楽しみいただき、日々の暮らしに心地良さをプラスしませんか?

○アイシングクッキーの乾燥時間を短縮

バレンタインやクリスマスの贈り物として、また、結婚式のプチギフトとしても大人気のアイシングクッキー。
アイシングクッキーとは、着色したアイシングクリーム(お砂糖と卵白を混ぜたもの)を、焼いたクッキーの表面にデコレーションしていく見た目のキュートなクッキーです。そんなアイシングクッキーを作る際にもフードドライヤーが大活躍します。

本来、アイシングクリームが完全に乾燥するまでには、およそ半日から一晩待たなければなりません。
しかしフードドライヤーを使えば、短時間で表面を固めることができます。乾く時間が短縮されて作業効率が上がるだけでなく、乾いた後のアイシングクリームの滲みや陥没の予防にも繋がります。

ウミダスジャパンでは、乾燥食品が手軽に作れるフードフライヤーをご用意しております。タイマー内蔵に加え温度調整が可能なため、用途やお好みに合わせたやわらかさに調整できます。また、透明トレイであるフードフライヤーは、外から一目で乾燥具合が確認でき、調理後のお手入れも簡単です。乾燥食材使用のレシピやフードフライヤーの使用方法などもご紹介しておりますので、是非そちらもご参考ください。

Copyright © ウミダスジャパン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.