乾物の上手な戻し方 | ウミダスジャパン
食品乾燥機専門販売 ★ベストバイ★ コストパフォーマンスNO.1 ウミダスジャパン フードドライヤー FD880E

乾物の上手な戻し方

  • HOME »
  • 乾物の上手な戻し方
Pocket
LINEで送る

ウミダスジャパンが通販で取り扱っている食品乾燥機は、ドライフルーツやジャーキーをご家庭でもお手軽に作ることができます。最近は通販で業務用食材を大量一括購入する方もいらっしゃるので、長期保存したい時に便利です。乾燥した食材を戻す時に風味を損ねたくないという方に、乾物を上手に戻すポイントをご紹介します。

○水が重要

乾燥した食材を戻す作業は、野菜や肉から抜いた水分を再び元に戻していく作業です。
つまり、食品乾燥機で乾燥させた食材を戻す基本の方法は、長時間多量の水に浸けておくということになります。しかし、その際に使用した水によっては、風味が変わってしまう場合もあります。
できれば水道水よりもミネラルウォーターの使用がおすすめです。また、戻す時に日本酒やみりんに浸けておくと、風味がプラスされて食材として使いやすくなります。

○砂糖を活用

食材を水で戻す時には、プラスアルファとして水に砂糖を加えてみて下さい。
何かが溶け込んだ液体のことを溶液といいますが、溶液には「浸透圧」といって濃度の薄い方が濃度の濃い方に引き寄せられるという性質があります。食物には元々糖分が含まれているため、糖分を含んだ濃度に差がある溶液に浸すと、浸透圧の作用で食品内部まで均等に水分が行き渡りやすくなります。

○季節によって時間が違う

同じ食品乾燥機で乾燥させた食材でも、季節によって水の戻し時間が違うのをご存知ですか?
例えば、人間のお肌を触った感触は夏と冬でまったく違うように、乾燥させた食材も季節や温度、元々の水分量によって水に浸しておく時間が変わってくるものです。目安となる浸けおき時間は、夏は30分程度、冬は40分程度というように、若干の違が風味を保つためには大切なのです。

ウミダスジャパンの家庭用食品乾燥機は、食品に合わせて4段階の温度調節が可能です。食材を乾燥させることにより、生の状態とは違った味の深みが出てきます。是非、乾燥食品を食卓に並べ、その深い味わいをご堪能ください。

Copyright © ウミダスジャパン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.