食品乾燥機を選ぶポイント | ウミダスジャパン
食品乾燥機専門販売 ★ベストバイ★ コストパフォーマンスNO.1 ウミダスジャパン フードドライヤー FD880E

食品乾燥機を選ぶポイント

  • HOME »
  • 食品乾燥機を選ぶポイント
Pocket
LINEで送る

【最新2019】【 食品乾燥機の選び方 7つのポイント 

食品乾燥機のご購入をお考えの皆様から寄せられるご相談等を参考に、後悔しない食品乾燥機の選び方をまとめさせていただきました。

さて、皆様、食品乾燥機を購入する際、何を基準に商品の購入を決めているのでしょうか?

最近、テレビや雑誌などの特集でドライフードが紹介されるようになり、いろいろな食品乾燥機が販売されています。どれを選ぼうか、目的に合わせて選ぶ、いろいろなサイトの評価を参考に選ぶなど、いろいろあると思います。

そこで、一消費者から販売するまでになった、日本で一番食品乾燥機を使っているヘビーユーザーの観点から、選ぶポイントを説明させていただきます。

 

まず、目的を明確にするために一つ、なぜ食品乾燥機を買うのか?

この一言に尽きると思います。

 

ただ、食材を乾燥させたいから?

フルーツや野菜、キノコなどをカリカリに乾燥させて、乾燥前〇グラム、乾燥後〇グラムなど、実験のように、ただ食材を乾燥させるだけの情報を紹介しているサイトを見かけたことがあります。

しかし、皆様が本当に知りたいことは何なのでしょうか?

本当の目的は、フルーツを乾燥させて美味しく食べること、野菜やキノコを乾燥させて美味しい料理を作ること、愛犬や愛猫のために安全で健康なおやつを作りたいなど、ではないでしょうか?

この観点から、製品の性能だけではなく、生活の中で、実際に食品乾燥機を使った場合の一連の流れ、準備、乾燥、お掃除などのメンテナンス、見落としがちなポイントを7つにまとめてご紹介させていただきます。

 

まず、皆様が一番注目するのは、製品の性能や評価だと思います。

しかし、良い製品を購入しても、買っただけで満足して使わなくなってしまうということはないでしょうか?

製品を選ぶ際に重要なことを見落としている可能性があります。

それは、その製品を使って何をするか、どういうことができるか、使う用途のバリエーションがあること!

そこで、私が一番先に紹介させていただくのが、レシピについて。

 

① レシピがたくさんあること、しかも“専用レシピ“がたくさんあること

レシピがないと、食品乾燥機を買っても使い方がわからず、数回使用して箱にしまったまま、、、なんてことも。レシピが数点、説明書と一緒に印刷されている製品もあるようですが、作ってみたいレシピがあればまだいいのですが、試しに作ったとしても、1週間ほどでおしまい、

ドライフルーツしか作らない、ペットのおやつしか作らない、という場合なら問題ないのかも知れませんが、せっかく購入した食品乾燥機、もっと活用したいという場合は、それでは足りません。

 

そこで、皆様がドライフードを楽しめるようにレシピを充実させました。

ウミダスジャパンの専用レシピは、なんと300レシピ!

 

ドライフルーツなどそのまま美味しく食べる方法だけではなく、乾燥させた野菜やキノコなどを使って、いろいろな料理を作る方法など、美味しいレシピをいろいろ紹介させていただいております!

また、専用レシピが断然使いやすいです。実際に販売している食品乾燥機を使って、レシピを紹介しているので、とてもわかりやすく、乾燥時間や設定温度も簡単!そのまま参考にして、すぐに料理することができます!

他社製品をお使いの場合、乾燥時間や温度設定が、かなり違うので意外と面倒なようです。

紙媒体のレシピ集、レシピ本が欲しい、という方もお見えですが、印刷されたレシピ本は情報がその時点で止まってしまい、情報更新やコストの観点から、オンライン上にレシピを紹介することにしました。インターネット上にレシピを紹介することにより、随時新しいレシピを追加できますし、いつでもどこでも見ていただけます。

 

そして、意外に見落としがちなのが、お掃除について。

② キレイに洗えて、お掃除が簡単なこと

お掃除が面倒だと、せっかく購入した食品乾燥機を使わなくなってしまいます。

トレイやフタ、本体が取り外しできて、取り扱いやすい、ちょうどよい大きさで、重くない商品をお選び下さい!

ウミダスジャパンの食品乾燥機は、軽くて丈夫、本体以外は、簡単に水洗いできるので、非常に衛生的です。

トレイも透明なので、よごれが一目でわかり、簡単に水洗いできます。シンクでも簡単に洗えるコンパクトなサイズなので、とっても楽々!ストレスなくお掃除できます。本体も汚れが見えやすく、布きんやウェットティッシュなどで簡単にお掃除できます。

 

意外に見落としがちなのが、大きくて重い食品乾燥機。しっかり乾燥できても女性には重すぎて、かさばり、出し入れも大変のようです!

毎日ご使用されるため、出したままであれば問題はないかも知れませんが、キッチンなどかなり場所を取ってしまいますし、洗う際は、トレイがシンクからはみ出して、シンク周りがびちゃびちゃになって、お掃除も大変なようです。お掃除が面倒だと確実に使わなくなってしまうようです。

 

それから、オーブン型の食品乾燥機はキレイにお掃除できないのでおススメできません!

オーブン型の食品乾燥機は、全体的にすみずみまでキレイにお掃除するのは、非常に難しいと思います。

製品にステンレスを使用しているようですが、ステンレス自体は衛生的でも、庫内やトレイに食材や果汁や脂汚れなどがこびりついても、キレイにお掃除できないため、その汚れにカビや菌などが付着して増殖してしまいます。

オーブンや電子レンジの場合、高温で殺菌も可能ですが、低温で乾燥させるオーブン型の食品乾燥機の場合、殺菌されず、なおかつ庫内を風が循環する構造の食品乾燥機は、庫内のカビや菌がまんべんなく食材に付着して、非常に問題です。

乾燥した食材がカビやすくなったり、健康を害するおそれもありますので、絶対に取り外せて、簡単にお掃除できる衛生的な商品をお選びください!

 

また、せっかく作るドライフードが安全で安心してお召し上がりいただけることが大事だと思います。

③ 食品乾燥機の直置きタイプの商品は注意が必要

食品関連や製造業の方にはおなじみだと思いますが、直置きすると、床に接する部分に、ゴミや菌がたまってしまい衛生的に問題があります。

日本で販売されているほとんどの食品乾燥機は、底が平らで、すき間があっても1cm未満のため、商品下部から空気を取り入れる際に、掃除機のように汚れや菌を吸い込むおそれがあります。すのこなどを下に置いても、完全には防げないようなのでお気を付けください。

フィルター付きの製品もありますが、空気清浄機とは違って、基本的に現在販売されている食品乾燥機は、庫内を温風が循環する構造なので、気化した糖分や油分などがフィルターに付着して、フィルターが汚染源となり、せっかく作ったドライフードがカビやすくなるというおそれもあります。

フィルターをこまめに交換するとコストもかかるため、購入する際は注意が必要だと思います。

 

せっかく作るドライフードを安全に安心して食べたいということを1番考慮しました。

ウミダスジャパンの食品乾燥機は、現在販売されている商品では唯一高床式デザインを採用しております。

設計の段階から衛生的にご使用いただけるように考慮しました。これなら食品乾燥機の周りにゴミやホコリもたまらず、お掃除も簡単!

風通しもよく、菌の発生も抑制できます。また、空気の取り入れ口も床から離れているので、新鮮でキレイな空気をたっぷり取り込むことができて、安全に食品を乾燥していただけます。

 

この他に必須の機能はタイマーです。

④ タイマー内蔵

タイマーがついていないと食品乾燥機をずっと見ていないといけないので、安心できず、外出もできません。電気代も心配、タイマーは必須です。

弊社食品乾燥機で食材を乾燥させる場合、だいたいの乾燥時間は長くても12時間以内です。100時間まで設定などという製品もありますが、意外に毎回設定するのが面倒なようです。

 

こちらの温度設定も必須です。

⑤ 簡単に温度調節ができる

1℃単位で温度を設定することができる製品もあるようですが、多機能すぎるとかえって面倒です。毎回1℃単位の調節はすごく大変!

ウミダスジャパンの食品乾燥機は、使う人のことを考えたシンプル設計。4段階(68℃/58℃/48℃/38℃)の温度設定が可能で、数回ボタンを押すだけで、毎回簡単に操作できます。

 

パワーも高くても低くてもダメ。

⑥ 日本仕様の400Wがベスト

ウミダスジャパンの食品乾燥機は日本仕様の400W!そのまま食べるのも、料理で使うにもにも調度良い乾燥具合があります。パワーがありすぎると乾燥しすぎてガチガチ電気代も心配です!

また、250Wではパワー不足!なかなか乾燥できないので、こちらも電気代が心配です!さらに、他社の低出力の製品をご使用の場合、うまく乾燥できないこともあるようなので、梅雨時やドライフルーツなどお子様がそのままお召し上がりになる場合、ささみなど体の小さな愛犬愛猫におやつをそのまま与える場合は健康を害するおそれがあるので注意した方が良いそうです!

 

最近とくに注意が必要なのがこちらです。

⑦ 日本の会社が安心

最近、中国企業と一見分からず、購入後、中国から発送など、中国企業がアマゾンで販売されておりますが、商品に問題や事故があった場合、トラブルになる可能性があります。

日本の安全基準である電気用品安全法(PSE)もクリアされておりません。確実に日本の法律は適用されていません。

個人情報の流出や管理もずさんなため、流出後かなり時間がたってから悪用されるといったことも考えられますので、お気を付けください!

 

【 食品乾燥機を選ぶポイント 
” 失敗しない食品乾燥機の選び方 ”

① タイマー内蔵
  タイマーがないと面倒でだんだん使わなくなります
  別売りタイマーも設定が面倒なので、おススメしません!
☆ さらに1時間ごとの設定、残り時間の表示ができGood
② 温度調節できる
  食材によっておいしい乾燥温度が違います!  
☆ 消し忘れて乾燥し過ぎや温度が高過ぎると、カチカチで食べれなかったり、
  味が落ちておいしくなかったり、ビタミンなど栄養素や酵素が壊れたり。
※ この①と②はとくに必須です!

timer003タイマー & 残り時間 お知らせ

★1時間ごと、12時間までタイマー設定が可能です。オススメはソフトドライ!長期保存には完全乾燥が向いていますが、食べて美味しいのは一夜干しくらいのソフトドライな乾燥です。その場合、3時間ごとのタイマー設定をよく使います。まず3時間くらい乾燥させて、足りなければもう3時間という感じによく使います。乾燥しすぎもなくなります。
★ 乾燥している間、温度と残り時間が交互に表示されます。しかもLED表示なので夜間でも一目で分かりやすいです。
※他社の食品乾燥機にはない機能です。意外にこの機能は本当に便利です。炊飯器の炊き上がりまで残り何分!というのと同じです。あと何時間?何時にスイッチオンしたっけ?なんてこともありません。残り時間がカウントダウンで表示されます。

windup0001

乾燥時間
★風量アップで乾燥時間と電気代の節約!高床式デザインで、空気を取り入れやすくなって風量が5倍、早く乾燥するので、乾燥時間も電気代も節約できます。
※ 乾燥に時間がかかると、だんだん面倒で使わなくなります。
★静音設計で夜も安心高床式デザインで、テーブルなどと接する部分が少ないため、振動が響かず他の製品に比べて静かです。
★日本仕様の400W!※オススメなソフトドライの乾燥食品を作るのに最適!250Wの製品はパワー不足で乾燥に時間がかかり温度調節機能もなし、700Wの並行輸入品は風量が変わらないのに電気代が倍で心配、タイマーもないので忙しくて気付いたらカチカチなんてことが意外に多く、そのため、食品乾燥機にタイマー機能と温度調節機能は絶対必須!しかし、今売られている他社製品ではこの両機能がついているものが少なく、おいしいおススメな食べ方 ソフトドライ乾燥が簡単にできません。最初に日本製の食品乾燥機の販売も考え、日本で行われている家電の新製品展示会などたくさんの商品を見ましたが、残念ながらすぐあきらめました。日本の製品はどれも使う人のことが考えられていません。開発者と話してみるとほとんどが技術者、さらに自分で料理はしない、ということで納得しました。デザインは古過ぎて、過剰な機能、1℃単位の温度設定はどう考えても必要ありませんし、逆に毎回ツマミをまわしての設定は面倒です。さらに、大き過ぎて収納やお手入れも大変、透明トレイではないので外から中をのぞくことができません。日本製品がガラパゴス製品と呼ばれるのも仕方がないのかも。さらに冷蔵庫みたいなものもあります。日本製の方が安心かも知れませんが、ヘビーユーザーとしてはおススメしません。★その点、弊社製品は製品開発の段階から自ら参加し、日本にあった使い方や意見・要望を取り入れ、日本人にとってとても使いやすい製品に仕上がっています。

meatfish001

肉や魚も乾燥OK!
★肉や魚も乾燥できます。※ 魚や肉をを乾燥するときは、キッチンペーパーやふきんで水分をよくふき取ってからトレイに並べてください。水分の多い場合は水分をよくふき取ってから、さらにトレイにクッキングシートを敷き、その上に食材を並べて乾燥してください。
★切り身の魚を乾燥するときは、皮の面をトレイに接するように並べてください。魚とトレイがくっついて身がくずれてしまう場合があります。
★魚の皮がついてなかったり少ない場合は、魚の下にクッキングシートをしいてからトレイに並べて乾燥してください。
★クッキングシートをしいたまま、冷蔵・冷凍すると魚の身がくっつかず保存も簡単です。また、クッキングシートのままオーブントースターなどで焼くこともでき、大変便利です。

shrink001

トレイの高さが調整できる!
★トレイを互い違いに並べるとトレイの高さを調節できます。食材の大きさに合わせて効率よく乾燥ができ、フタを下向きに重ねることで収納スペースもコンパクトにできます。
★野菜や果物などほとんどの食材は丸いため、丸いトレイの方が断然食材を並べやすいです。
★持ち運びも便利です!製品の重さが約2kgと持ち運びも便利、お好きな場所で乾燥することができます。
★透明トレイなのでフタやトレイを取らなくても、外から乾燥できたか、もう少し乾燥が必要か、どのくらい乾燥しているか一目でわかります。また、汚れも見やすく、軽いのでお手入れも簡単!※ 掃除が面倒だとだんだん使わなくなります。

 

BPAFREE002

赤ちゃんや授乳中のお母さんも安心!
★食材が直接触れるトレイには、多くのプラスチックに使用され健康や環境に有害とされる環境ホルモンのビスフェノールAが含まれていません。安心してお使いいただけます!
※並行輸入品の中には正規に輸入した場合に行う日本で定められている安全および材料検査等を受けていない商品もあります。トレイと食品が直接触れるため、環境ホルモン等を気にされる方はBPAフリーの商品が安心おススメです!
☆弊社製品はドイツと日本の検査会社で検査を行い、世界で一番厳格な
EUの環境基準・日本の検査基準ともに合格しております。

 

 

 ウミダスジャパン 食品乾燥機 FD880E かんたん操作説明(動画)

スカパー Ch.528 テレビショッピング「10月のイチオシ!!」ウミダスジャパン フードドライヤー が紹介されました (動画)
※現在こちらでの販売はしておりません (amazon・楽天でお買い求め下さい!)

Copyright © ウミダスジャパン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.